ブログ

ミャンマー語キーボード|新興コンピューター社会と入力問題

近年、成長著しい東南アジアの国、ミャンマー。 以前は『ビルマ』という名称が一般的だった時代もありました。 現在では、ミャンマーという名称が使われる機会が多くなりました。 しかし、未だに一部の国や報道機関はビルマという呼称

タイ語キーボード | 独自配列への挑戦

今回は東南アジアの王国であるタイの言葉と文字、そして独自の配列をもつキーボードの系譜がテーマです。 タイ国内で話される言葉は62種類! タイは国土がラオス、ミャンマー、カンボジア、マレーシアと接しています。 多様な民族、

ハンガリー語キーボード | 似て非なるQWERTZ配列

ハンガリー語のキーボードは、ドイツ語と同様のQWERTZを基準とした配列となっています。しかし、まったく同一の配列ではありません。 ハンガリー語、ハンガリー語キーボードの成立の経緯や特徴を見ていきます。 人々の移動とハン

Yoshi’s Sushi-Portland様 オリジナル・ジュートバッグ

この度、アメリカのオレゴン州ポートランドにオープンしたフードカート寿司店、『Yoshi’s Sushi-Portland』様に、弊社製『Yoshi’sオリジナルジュートバッグ』をご採用いただきました。 東京都北区にある江

ドイツ語キーボード|QWERTZ配列とタイプライター

ドイツではQWERTZという配列のキーボードが使われます。 QWERTYから派生しているため、アルファベット部分のYとZが置き換わっています。 ドイツ語の誕生と発達 ドイツのほかオーストリア、スイス、ベルギー、ルクセンブ

フランス語キーボード|なぜ配列がAZERTYなのか?

AZERTYは、主にフランスで用いられるフランス語キーボードの配列です。 キーボードのアルファベット部分の上端左からA・Z・E・R・T・Yと並んでいることが特徴です。 フランス語のなりたち フランス語はフランスをはじめと

QUERTY ― キーボードと配列(2)

QWERTYという配列にはタイプライターの登場が大きく係わっています。 初期のタイプライターの登場から、実用的・商業的に成功するタイプライターの登場までは、多くの人の関与と多くの発明がありました。 1860年代後半のアメ

QWERTY ― キーボードと配列(1)

パソコンのキーボードの配列は、言語によりその表記が異なる場合があります。 特に、英語アルファベットの配列は、他のラテン文字アルファベット配列をはじめとして、世界中で使われるキーボードに多く見られるパターンとなっています。

ロシア語キーボード | JCUKENとは?

ロシア語で用いられる文字をキリル文字といいます。 この文字は、スラヴ人という言語グループに属する人々のために成立した歴史があり、ロシア語のみならず、ベラルーシ語やウクライナ語、ブルガリア語やセルビア語などといったスラヴ語

ヒンディー語キーボードのお話(2)

前回に続き、インドのヒンディー語の言語とキーボード配列についてお伝えします。 グプタ文字の衰退と、新たな文字の出現 インド古来に成立したブラフミー文字が、長い年月を経て様々に派生する中で、グプタ文字は生まれます。 グプタ