ウルドゥー語キーボードのお話

パソコンのキーボードは、言語や成り立ちにより様々な配列の種類があります。

今回は、外国語キーボードの中でも、パキスタンの国語であるウルドゥー語、その言語とキーボード配列についてのお話です。

ウルドゥー語とは

ウルドゥー語は現在のパキスタンの国語ですが、実は同国内で母語とする人は人口の1割にも満たず、むしろインドにおける母語話者数の方が多い言語です。

少々複雑ですが、ウルドゥー語は、お隣インドの連邦公用語であるヒンディー語と同系で、文法や語彙をはじめ同一の言語といえるものの、表記に使う文字が全く異なるという特徴があります。

ウルドゥー語の文字は、アラビア文字が源流のペルシア文字を更に発展させたもの、対してヒンディー語は、デバナガリ(デーヴァナーガリーとも)というインドに古くから伝わる文字を使って表記するのが一般的です。 (話者の居住地域などにより例外があります)

今から遡ること70年ほど前、インド(当時はイギリス領インド帝国)がイギリスより独立することになりました。

その際、域内で従来から対立する機会の多かったヒンドゥー教徒とイスラム教徒は紆余曲折の末、ヒンドゥー教徒の国=インドと、イスラム教徒の国=パキスタンという別々の国家として歩む道を選びました。

そして独立の際に、パキスタンではウルドゥー語を国語として制定しました。

元々同一であった言語は、 現在では、
ウルドゥー語=イスラム教徒言語
ヒンディー語=ヒンドゥー教徒言語
という区分ととることもできます。

イスラム文化圏では、言葉にアラビア語やペルシャ語からの借用語が増えていきます。

現在のウルドゥー語も、当然にヒンドゥー語よりイスラムの影響を受けた借用語が多く使われる、異なった発展を遂げることに繋がっていきます。

独立したパキスタンは、ほとんどの国民がイスラム教を信仰するムスリムですが、パンジャブ人やパシュトゥン人といった民族の違い、またそれにより様々な言語を母語とする人々が入り混じり構成されているといった事情があります。

従って、共通の母語を有しない人々で構成される国内の意思疎通のために、独立を契機としてウルドゥー語を国語として制定し、統一して用いる必要がありました。

ウルドゥー語キーボード配列の確立

パソコンキーボードの元となるタイプライターも、ウルドゥー語の国語化以降、様々な仕様の製品が急速に市場に投入されましたが、配列や文字表現の機能不足があり、標準化が求められるようになっていきました。

ウルドゥー語キーボード配列は、数世代にわたり発展を遂げていきますが、大きな契機となったのは、1979年にウルドゥー語の発展と促進の支援を目的とする機関「National Language Authority」(NLA)が設立されたことです。

ここでコンピュータや通信に対するウルドゥー語の符号化(エンコード)を研究開発するプロジェクトが開始され、遂に1999年、『Urdu Zebta Takhti』が完成するに至りました。

この『Urdu Zebta Takhti』はその後、パキスタンの国民識別カードの発行、管理を行うナショナルデータベース局(NADRA)によってデータ入力用に採用されたほか、Windows XPに装備されるなどして、現在のパキスタンの標準配列となっています。

その後NLAは、「National Language Promotion Department」と組織改編および名称変更がなされ、今ではその活動内容も言語の標準化のみならず、体系規範の確立や辞書編纂などに拡大しています。 余談ですが、従来から対立することの多いインドの言語的な影響を取り除くべく、独立したウルドゥー語ソフトウエアの開発も奨励しているようです。

そうした努力の上に成り立っているウルドゥー語の姿も、今回お伝えしたヒンディー語とはまた別の言語との関係で、大きな事件の発端となったこともありました。 その話題はまた後程、当ブログでご紹介いたします。

各言語のキーボードの配列は、掘り下げると面白いエピソードが含まれているものが多くあります。次回もまた言語とキーボード配列についてお伝えします。

パソコンキーボードに外国語表示を追加できる「マルチリンガルキーボードラベル」ウルドゥー語(記事にもあるパキスタン標準「Urdu Zabta Takhti」配列)版は、下記にて本体価格¥900(税込み/送料¥185~)にて販売中です。