ミャンマー語キーボード|新興コンピューター社会と入力問題

近年、成長著しい東南アジアの国、ミャンマー。

以前はビルマという名称が一般的だった時代もありました。

現在ではミャンマーという名称で聞く機会が多くなりましたが、世界的に見ると、国や機関により未だにビルマという呼称も使われています。

そのミャンマーでは経済成長に合わせパソコンやスマホによる通信インフラも向上していますが、それは世界の潮流と異なり短い期間で形作られてきたものです。

ミャンマーで話される言語は100以上!

ミャンマーは国境を中国、タイ、ラオス、インド、バングラデシュと接する多民族国家です。

国内にはおよそ135の民族グループがあり、100以上の言語が母語として話されていますが、ミャンマー語(ビルマ語)のみが公用語となっています。

 

最大の民族はビルマ族といい人口の7割弱を占めますが、ビルマ族は9世紀半ばに他の地から移り住み、パガン王朝という都市国家を成立させます。

パガン王朝は現在のミャンマーを構成するする地域を統一した最初の王朝でした。

パガン王朝では古ビルマ語という、ミャンマー語の初期形態の言葉が話されていましたが、文字は、モン族という他の民族が6世紀ごろから使用してきた文字からの借用でした。

この文字は、今に引き継がれ、ミャンマー語の文字として使われ続けています。

その書記体系はインドで発生したブラフミー文字に基づいています。

パガン王朝のあったパガンの地では、ビルマ語、モン語、パーリ語、ピュー語という4つの言語が石碑の4面に刻まれた「ミャゼーディ碑文」が発見されています。

この碑文は西暦1113年に作成されたと考えられており、特に現在では消えてしまったピュー語の解読ができたこともあって、2015年にはユネスコの世界記憶遺産に登録されました。

ミャンマー語とタイプライター

ミャンマーのコンピューターキーボードの配列も、他の言語と同様にタイプライターのキーボードを基に作られています。

ミャンマーにおけるタイプライター導入の正確な記録は明確でなく、1900年代のはじめと推定されます。

断片的な記録によると、第1次世界大戦の始まる前の時代にはすでに、官公庁などでタイプライターによる文書作成が行われていたことが示唆されています。

 

今に伝わるミャンマー語キーボードの古いタイプライターは、アメリカ製のレミントンやドイツ製のオリンピアが多い印象です。

すこし後年の話になりますが、ミャンマー語速記技法の発明者ツエ・オーン・チェイン(Zwe Ohn Chein)は、1950年代に速記やタイプライターの研究に関する本を書き始め、1958年頃には、レミントン社のミャンマー支社と契約し、同社のミャンマー語モデルのタイプライター販売に同行し活動していたとの事です。

なお、ミャンマーでは官公庁に提出する書類をタイプする職業タイピストが未だ多く活躍しています。今後はその数を少しずつ減らしていくと予想されていますが、コンピューター全盛の今の時代においても、地方における電力供給の問題などで未だに一定の需要があるようです。

遅れてやってきたコンピューターの時代

ミャンマーは1962年に起こったクーデター以来、長期にわたり軍事政権の時代が続きました。

国有企業による統制経済や鎖国的な統制経済のもと、発展が著しく遅れることとなりました。

また、軍事政権の施政は民主化からも程遠く、これらは欧米諸国による経済制裁の実施といった事態を招きました。

実際、ミャンマーにおけるインターネット接続は2000年から開始されているものの、当時の政権は、コンテンツ制御ソフトの使用や検閲といった手段、罰金および長期の懲役刑を伴う法律と規制により、インターネットアクセスを大幅に制限、制御していました。

結果としてミャンマーはコンピューターやインターネットの普及、情報の自由化といった世界の趨勢から取り残されることとなりました。

その後、2007年からの民主化運動を経て、2010年には新憲法の下での総選挙実施、2011年には選挙の結果を受けた新政府による施政の開始と民政移管が行われ、ミャンマーはついに国際社会への復帰を果たします。

既に世界中に浸透していたネット社会も、堰を切ったようにミャンマー国内に波及していきました。

ミャンマー文字フォントの内戦

急激に普及するインターネットとコンピューターに対し、ハードウェアやソフトウェアの整備や改良が追い付かない事態となります。

特に、2000年代初頭に整備されていたミャンマー語キーボード配列およびフォントは使いにくく習得が困難という特徴がありました。

2005年には、ミャンマー政府外郭団体である「ミャンマー コンピューター連合」の下部組織「Myanmar Unicode and NLP Research Center」によって、Myanmar1というフォント(書体)が導入されました。

このMyanmar1は、Unicodeと呼ばれる国際標準に準拠したフォントとその入力キーボード配列であり、国際標準から取り残されていたミャンマー語にとっても、コンピューター文字表記の国際化を期待されていましたが、完璧な造りとは言い難く国内でのユーザーへの普及は今一つでした。

※     Unicode:0と1という二進法で運用されるコンピューターへの、文字の入力・表示のための符号システム。世界中の文字や記号に、国際的に取り決められた背番号を割り振ることによって入力・表示システムの標準化を実現している。策定対象には古代文字も含まれる。

このような中、「Zawgyi」というフォントとキーボード配列がミャンマー国内の企業により開発され、2007年末にリリースされました。

Zawgyiはミャンマー語の複雑な文字体系を簡便に取り扱えるよう、紙に書くように視覚的にタイピングが可能なように工夫されており、あっという間に他の入力支援システムを押しのけ普及していきました。

 

当時は民政移管前夜の時代であり、国際的な制裁が続いており、ミャンマー国内のコンピューターをUnicodeによって標準化する必要性が高くありませんでした。

OSで圧倒的なシェアを誇るWindowsも、制裁を理由にミャンマー語のサポートを行っていませんでした。

使いづらいMyanmar1に対し、Zawgyiは圧倒的に支持されるフォントであり、入力システムでした。が、ここに大きな壁が立ちはだかります。

 

Zawgyiは、Unicodeへの準拠がなされていないために、遅ればせながら国際化に対応することとなったミャンマーのコンピューター事情に合わなくなることが多くなってきました。

Zawgyiユーザーは、Unicodeで記述されたコンピューター上のメッセージやサイトを読むことができず、逆もまた然りといった問題点が浮き彫りになってきます。

この、UnicodeとZawgyiの普及を巡る動きをもって、ミャンマー文字フォントの内戦、という人もいます。

結局、ミャンマー政府は、政府省庁におけるコンピューターを2019年4月にUnicode化することを決定、それ以外の国内コンピューター関連(メディアやWebコンテンツ制作者、サービスプロバイダー)対象者は、2019年10月をもってZawgyiからUnicodeへの移行を促されることとなりました。

 

先述のMyanmar1はその後Myanmar2へと発展、更に改良され現在ではMyanmar3が制定されています。キーボード配列についてもフォントであるMyanmar3と同時に発表された「Myanmar3レイアウト」が国家標準として定められており、今後はZawgyiにとって代わり普及していくと見られています。

 

パソコンにキーボード表示を追加できる「マルチリンガルキーボードラベル」ミャンマー語(記事中でご紹介した「Myanmar3」配列)版は、下記にて本体価格900円(税込み/送料188円~)にて販売中です。