ハンガリー語キーボード | 似て非なるQWERTZ配列

ハンガリー語のキーボードは、ドイツ語と同様のQWERTZを基準とした配列となっています。しかし、まったく同一の配列ではありません。

ハンガリー語、ハンガリー語キーボードの成立の経緯や特徴を見ていきます。

人々の移動とハンガリー語

ハンガリー語は、マジャール語とも呼ばれるハンガリーと周辺地域の一部で使われている言語です。

ハンガリー語(マジャール語)はウラル語族という分類に属します。ウラル語族はサーミ語やフィンランド語など、北欧スカンジナビア半島に古くから住む人々の使う言葉や、バルト海に面した国であるエストニア共和国のエストニア語など、主にユーラシア大陸北方の言語が多く分類されるグループの一派です。

ウラル語族、その諸派の言語を分布図で見ると、ユーラシア大陸北方に多いことがわかりますが、ハンガリー語だけ中部ヨーロッパに飛び地のようにポツンと位置しています。

 

ちなみに「ウラル」という名は、現在のロシアに位置する南北2,500kmの長さにおよぶウラル山脈に由来しており、一般にこのウラル山脈より西をヨーロッパ大陸、東をアジア大陸と呼びます。

もともとマジャール人と呼ばれる民族はウラル山脈中南部を居住地としていましたが、西暦4世紀頃より徐々に南西に移動します。やがて黒海の北西に位置する内海であるアゾフ海の北側まで移動していたマジャール人は、さらに9世紀に入る頃には、現在のハンガリーのあるカルパティア盆地まで達しました。

中部ヨーロッパのカルパティア盆地に定着しつつあったマジャール人はその後、近隣地域との戦い、カトリック教義の導入といった動きを経て、西暦1000年にハンガリー王国を成立させます。

 

このような経緯により、ヨーロッパ諸言語とは異なる系統のハンガリー語が、中部ヨーロッパに定着することとなります。

他のヨーロッパ言語と異なる特徴の一つに、ハンガリー語では人物の名を日本語と同様に、姓(名字)-名の順で表記するといった使い方をすることがあげられます。

 

ハンガリーのタイプライターと、配列の特徴

ハンガリーにおけるタイプライター導入の歴史は、残念ながらはっきりとはわかりません。

ただ、今に残るアンティークのタイプライターから推察すると、初期の頃にはドイツのメーカーによるものが多く流通していた様子があります。

 

中でも、ドイツのカンツラーというメーカーの1910年頃のモデルが、首都ブダペスト市内にあった取扱い代理店の銘入りで残っているものがあります。
このカンツラー社は1903年よりタイプライターの製造を開始し、1912年に会社の清算によりタイプライターの製造を終了しています。

このことから、ドイツでタイプライターが大量に生産されることとなった、1900年頃より徐々にハンガリーにもタイプライターが多く入り始め、使用されていたと考えられます。

ドイツ語キーボード|QWERTZ配列とタイプライター⇒

1918年には、ハンガリー国内では革命運動がおこります。さらに隣国ルーマニアがその革命に介入しようとしたことにより、ハンガリーとルーマニアの間で戦争がおこりました。

結局、戦争はハンガリーの敗戦に終わりますが、戦後処理、またそれに伴うルーマニア軍の撤収の際に、ハンガリー国内より多くの物資が没収されることになってしまいます。

当時を考察する歴史書には、政府の事務所で使われていた電話機やタイプライターでさえも、ルーマニアによってその多くが持ち去られたとするものがあります。このことからも、1918年当時にはすでに、ハンガリーの国内でタイプライターが広く普及していたことがうかがい知れます。

 

地理的な要因もあり、ドイツ製やドイツ企業の製造したタイプライターが多かったことから、ハンガリーではドイツと同様のQWERTZ配列が一般的になったと推察されます。が、現在のコンピューターキーボードを見る限り、ドイツ語のものとは違うQWERTZ配列であることがわかります。

ハンガリー語のQWERTZ配列キーボードでは、
○ 数字の0が1の左隣にある(0はQWERTY配列・QWERTZ配列共に、通常は9の右隣)。
○ アクセント記号付きの母音は、独立した別々のキーに配置される(á、é、í、ó、ő、ú、űといったドイツ語では使用しない文字が独自に配置されている)。

といった特徴があります。

 

パソコンにキーボード表示を追加できる「マルチリンガルキーボードラベル」ハンガリー語(「QWERTZ」配列)版は、下記にて本体価格¥900(税込み/送料¥185~)にて販売中です。