ワールドカップ開催期間のダッカにて

少し前になりますが、今年ロシアで開催されたFIFAワールドカップ期間中のお話です。

弊社では、取り扱うジュート製品の多くをバングラデシュにおいて生産しています。
今年半ば、生産に関する打ち合わせを行うためバングラデシュにおりましたが、
その時にまさしくロシアでワールドカップが開催中でした。

バングラデシュではイギリス発祥のクリケットという競技が盛んなのですが、
近年はサッカーもすごい人気です。

当地の町中では、ワールドカップ出場国の国旗を売る売り子がたくさんいました。
写真には収めていないのですが、色々な国の国旗を商品として抱えた売り子が、
道行く人や渋滞で止まっている車相手にどんどん売っていきます。
自分の応援しているチームの国旗を買う人がたくさんいます。

買った国旗をどうするんだろうと思っていた中、バングラデシュの首都ダッカ郊外の工場に向かう道中で撮ったのがこの写真です。
バングラデシュのブラジル国旗
皆さん会社や自宅に応援している国の国旗を掲げているんですね。
それも一つではなくいくつも鯉のぼり状にして高く掲げてサポートをアピールです。

ブラジルチームとアルゼンチンチームのサポーターが多いらしく、かなり多く目にしました。

ワールドカップといえば、われらが日本代表ももちろん出場していました。
となると、日本代表のサポーターがバングラデシュにいるのか確かめたくなるのが人情です。

目を皿のようにして、工場までの道中なんとか日本サポーターを見つけようとしていたら、ついに発見しました!!

しっかり掲げてくれていますね。それもたくさん。

一緒に掲げられているアルゼンチンより大きさでは劣るものの、数では負けていませんでした。おぉっ。と少し嬉しくなりましたが、見たのは結局こちらのみでした。

むしろ旗をどこで購入したのか気にはなりましたが、在庫を安く買ったのでしょうか。
微妙に日の丸の赤も小さいような・・・

滞在期間中はグループリーグ中で、日本代表もかなりの好成績。
現地の人とは連日サッカーのネタで、話題には事欠かなかった時期でした。